趙充国の「百聞は一見に如かず」、賈復の「朝

Writer: admin Type: changeable Date: 2018-12-26 00:00
趙充国の「百聞は一見に如かず」、賈復の「朝飯前」、侯覇の「侯覇臥轍」、班超の「虎穴にいらずんば虎児を得ず」みたいな中国史の武将がもとになった格言、名言、四文字熟語、様々な言葉を教えてください。共感した0###賈復や侯覇を挙げるなら、『後漢書』の耿弇伝にある「烏合の衆」と、同じく『後漢書』馬援伝の「矍鑠」を挙げておきましょう。すくなくとも侯覇のものより有名でしょう。政治家・為政者としか言えない気がする侯覇を武将に入れちゃっていいなら、私が好きな故事成語として真っ先に浮かぶのは、南朝陳~隋にかけての徐徳言の「破鏡重円(破鏡合一)」です。武将関係なら、ほぼ同時代の北斉の「玉砕」&「瓦全」ですね。太平洋戦争の時に都合よくつかわれちゃったから、あまり印象の良くない故事成語ですが、ご紹介しましょう。以下は『北斉書』の列伝33、元景安伝に記載のある、彼の従兄弟・元景皓と元景安との会話です。天保時,諸元帝室親近者多被誅戮。疏宗如景安之徒議欲請姓高氏,景皓云:「豈得棄本宗,逐他姓,大丈夫寧可玉碎,不能瓦全!」景安遂以此言白顯祖,乃收景皓誅之,家屬徙彭城。由是景安獨賜姓高氏,自外聽從本姓。ここだけではちょっとアレなので、解説含め、していきます。北斉の文宣帝の天保年間、北魏~東魏の皇族である元氏はかなりの人数が粛清されました。けっこうえげつないです。その顛末は、同じく『北斉書』の列伝20の最後の方、元韶の伝に記録があります。十年,太史奏云:「今年當除舊布新。」文宣謂韶曰:「漢光武何故中興?」韶曰:「為誅諸劉不盡。」於是乃誅諸元以厭之。遂以五月誅元世哲、景武等二十五家,餘十九家並禁止之。韶幽於京畿地牢,絕食,啖衣袖而死。及七月,大誅元氏,自昭成已下並無遺焉。或父祖為王,或身常貴顯,或兄弟強壯,皆斬東市。其嬰兒投於空中,承之以矟。前後死者凡七百二十一人,悉投屍漳水,剖魚多得爪甲,都下為之久不食魚。 天保10年(559年)、太史の官にある人がいらんことを文宣帝に上奏します。「今年は古いものを刷新する年です」で、その気になった文宣帝は元韶(北魏の孝荘帝の甥)という人に尋ねます。「漢の光武帝による漢の中興はどうしてできたのだろうか」元韶は何の気なしに答えます。「(王莽が)漢の劉氏を殺しつくさなかったからでしょう」こうして、25家の北斉国内にいた元氏の家が皆殺しになりました。核家族ではありませんので、一家で数人ということはありません。王爵を持っている人の子孫だろうが、現在も貴族だろうが、腕に覚えがあろうが、すべて東の市で斬刑に処されました。悲惨なのは幼児です。空中に放り投げられ、落下してきたところを矛で突き上げて刺し殺す、という蛮行です。不用意な発言をした元韶は牢獄で衰弱死していますね。なお、ここにはありませんが、なかなか牢獄でも死ななかった人たちは、高楼の上から飛び降りて生きていたらそのまま生かしてやる、と言われて落とされたりしています。コレでなお生き残った人もいたようですが、結局約束は守られずに殺されています。最後のところ、この粛清の死者は721人であり、その遺体は北斉の都である鄴を流れる川に捨てられた、と。この川で取れた魚の腹から人の指が出てきたので、市民はこの川の魚を食べるのをしばらくやめた、と書かれていますね。長々書きましたが、この元氏虐殺の際、元景安たちの家はそれほど本流に近くない家だったので、改姓して生き残ろう、という話題が出たんでしょう。しかし、元景皓は先祖代々の氏を捨てるのが忍びなく、「瓦として生を全うするよりも、玉のように美しく砕けたほうがいい」と発言します。しかし、元景安は生き残りたい。そこで、この話を密告します。結果、元景安は生き残り、元景皓らは721人の中に含まれてしまいました。これが、瓦全と玉砕です。ちなみにこの元景安、弓の名手として知られますが、ひとかどの将軍であり、地方の長官としての治績もわるくありません。玉砕でなく瓦全を選んだことも、淡々と載せてあるだけです。一族を売ったことによる批判と、一族の血を絶やさなかったことによる称賛がトントンということなんでしょうか。まぁ、このような故事は数限りなくありますが、私の回答のように、一個一個を書いていくとキリがないので、本屋さんや図書館で調べた方が効率がいいと思います。玉砕と瓦全が回答のスペースを食っていますが、「破鏡合一」or「破鏡重円」が好きな故事だということは協調しておきます。コチラは正史には記録されていないエピソードですが、ぐぐれば詳しく出てきます。ナイス0
###実に素晴らしい。期待通りの投稿内容でした。###そういう質問者さんにはこちらがオススメです。『故事成句でたどる楽しい中国史』(岩波ジュニア新書)https://www.iwanami.co.jp/book/b269145.htmlナイス0
###四面楚歌ナイス0
###掃いて捨てるほどあるんですけど、もしかして全部挙げろと仰るつもりで?(・_・;例えば三國時代(三國志)だけに限っても白眉、呉下の阿蒙、断金の契り、水魚の交わり、破竹の勢い、白眼視、苦肉の策(苦肉の計)、鶏肋、画餅などなど、それこそ山のようにありますが。そもそも四字熟語なんてほとんどが中国古典からの派生です。それに加えて名言格言などまで含めるのなら、それこそ日本語の大半のそれが中国由来という事にもなります。そもそも日本は漢字圏の国家で、長らく中国を規範として来たのだから当然の話です。そういう事を分かってのご質問とも思えませんが、そのあたりどうなんですかね?ナイス0

 

TAG