海外での電気製品の充電について海外旅行をし

Writer: admin Type: changeable Date: 2018-12-25 00:00
海外での電気製品の充電について海外旅行をしたことがない者です。この度台湾に旅行に行くことになりました。海外ではコンセントの形状が異なり、変換プラグが必要だと聞きました。いくつかの充電器などを使いたいと思うのですがここで一つ疑問があります。変換プラグは必要とする充電器の数だけ購入しなければならないのでしょうか。荷物にもなりますし、変換プラグを一つだけ買ってその先に延長コードをつけるような使い方は出来ないのでしょうか?延長コードに電圧などの制限があれば使えないと思うのですがよくわかりません。ダイソーとかで売っている延長コードでは危険でしょうか?ご教示よろしくお願いします。この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。###台湾には何度も行っている者です。台湾のコンセントの形状は日本と同じです。日本のコンセントをそのまま挿したら使えます。台湾に行く時は変換プラグを持参した事はありません。最近の新しいホテルのコンセントは世界各国に対応していて、パッと見て戸惑うかもしれませんが、一番下の挿し込み口に挿すと使えます。###私の勉強不足でした。香港が違うという話を聞いていたので、台湾も違うと勘違いしていました。延長コードは危険なのですね。###>海外ではコンセントの形状が異なり、>変換プラグが必要だと聞きました。台湾のプラグは日本とカタチは一緒ですよ?いろんな国でいろんな形使ってます。それは行き先によりいちいち調べてください。>変換プラグを一つだけ買ってその先に延長コードを>つけるような使い方は出来ないのでしょうか?>延長コードに電圧などの制限があれば使えないと>思うのですがよくわかりません。要するに電源タップ(コンセント穴がいっぱいついてるやつ)を使いたい、ってことなんでしょうが。日本で一般的に売っているものは日本の電圧100V用がほとんどなので、海外で使うと危険です。なんでかというと、それ以上の高電圧に耐えられるように出来てないからです。ストローに大量の水を流し込むようなもんです。ただ台湾は一応110Vだか120Vだかで、ちょっとだけ違いますので耐えられないこともないです。が、保証はしません。タップは大量の電気を受ける・通すので、すぐにヒートアップしてしまい限界になり火災の原因にもなりかねません。それ以外の国だと多くが耐えきれないで一瞬でオシャカですけど。なお海外用のタップも売ってます。amazonや旅行用品店などで販売・通販してますよ。ナイス0
###延長ケーブルは使用したことがあります。充電器は110ボルトに対応しているか確認しましょう。ナイス0
###ちょっと調べれば分かりますが台湾は日本と同じです。電圧が110vなので日本のモデルは使えません。 日本は100vですからね。110vでも使える電気器具なら大丈夫ですが(笑)ナイス0
###https://tabinaka.co.jp/magazine/articles/22054台湾の電圧と周波数に合う機器及び延長コードであれば大丈夫、各々の機器のコンセント付近みれば対応範囲は書いてあります。ナイス0
###万能変換プラグて、検索をすると、いろいろな国に対応できるプラグかありますからそれをひとつ購入して三股コンセントつければokです。ただし、ドライアーとか、ワット数が大きいものに対応していないものもあるのだ、そこは対応しているか確認しておくべきです。また、万能型にはUSBソケットも最初からついたいるものもあるので、使用用途によっては三股コンセントも、必要ないかもしれませんね。延長コード中には使った瞬間に壊れてしまうものがありますから、一番簡単な三股が、よいかと思います。また最初から延長コード付の分岐タップも販売されてます。ナイス0

 

TAG